このエントリーをはてなブックマークに追加

07a10e35910d31ce6fcc6a072cf84550
Blank

先週の記事で澎湖(ポンフー)イコール馬糞のイメージになっちゃったみなさん。台湾の人気リゾート地「澎湖」はもちろんそれだけではありません!!ポンフーの方に怒られないように引き続き、しっかりとこの島の魅力をお届けします!さて、次に車が向かった先に見えてきたのは綺麗な海。マリンスポーツもいろいろ楽しめると聞いていたので、期待が膨らみます。そうして、車が道沿いに停車して、緑の雑踏を通り抜けて歩いて行きました。その先に綺麗な海!がみえると期待していたらあったのは一面に広がるサボテン。

かなり大きなサボテンがそびえ立っています。

私のポーズは一応サボテンになったつもりで、テーマは「むやみに近づくと怪我するぞ!」です。昔、海賊が海から侵入してくるのを防ぐためにポンフーの海沿いにはサボテンがたくさん生い茂っているのだそうです。そして、このサボテン、どうするかというと、ポンフーではフルーツとして果実を頂くんだそうです。サボテンといえば観賞用としてしかみたことありませんよね?いったいどんな味がするんでしょうか?地元の達人に教えてもらって見よう見まねでサボテン狩り開始。

達人の動きを見ていると、そんなに難しそうじゃないのですが、実際にやってみると、チクチクと今にも刺さりそうなサボテンのトゲが自分の方を向いていて、もぎ取るために使う2本の道具もものすごーく長くてなかなか簡単にはいきません。やっとの思いでもぎ取っても力いっぱいかけると皮を傷つけてしまったり。サボテン、みかけによらず結構デリケートなんです。ちなみにサボテンの実はこんな感じ。

私たちが観賞用で普段目にするサボテンとはちょっと違うビジュアル。こうやってみると、フルーツとしていただくのも想像しやすいですね。さて、これどうやって食べるのでしょうか。 達人が慣れた手つきで、ナイフで皮をむいてくれました。皮をむくとちょっとビックリ。サボテンって実の色がすっごく鮮やかな赤紫色なんですね。サボテンは実の真ん中には、もう一つ星型のトゲトゲがあるので、食べるときは必ずこれを注意して取り出さなければなりません。まちがって食べちゃったらちょっと危ないです。味はというと、ドラゴンフルーツに近い食感。舌触りがザラッとしてとってもジューシー!酸味が強めの甘酸っぱい味で、喉の乾いたときなんかに食べてもさっぱりと美味しそうなフルーツです。しかもサボテンの果実には、活性酸素を除去する力や、全体的に食物繊維が豊富で、さらにはビタミンCやポリフェノールも豊富に含まれているんだそうですよ。ポンフーの街中にはこのサボテンをシャーベットにして食べられるお店がたくさんあります。

日香美食坊

爽やかな酸味と色鮮やかな赤紫のシャーベットは南国ポンフーにぴったりなデザートです。 でもサボテンの果実、実はデザートだけでなく食事にも使われているお店があるということで行ってきました。

日香美食坊
澎湖縣馬公市三多路115號
電話:06-9261698

そこで大人気の名物として出されたのは、なんと!赤紫がめちゃめちゃ濃いいチャーハン。

上には生卵の黄身と緑のパクチー、隣には完熟のパイナップルが添えられています。中華領地なんかでは、酢豚にパイナップルとかありますが、あの甘酸っぱい味をチャーハンに、しかもこんなに色鮮やかになるくらいたっぷり使ったお味はどんなことになるんだろうとドキドキ興味深々です。「いただきまーす」とスプーン山盛りに口に入れると、しっとりお米と卵の香りの最後にサボテンのかすかな酸味が広がって、これまた美味しいトロピカルな味。サボテンとチャーハン予想以上にマッチしておりました。酢豚にパイナップル、ポテトサラダにりんごほどの、おかずと異なるフルーツ感はなくて。おかずにフルーツが苦手な人でもこれは受け入れられそうというような味です。(となりのパイナップルはおもいっきりパイナップルですが)台湾本土では目にすることのない、ポンフー名物のサボテン料理。チャーハン以外にも「サボテンそうめん」なんていうのもありましたよ。メニューの写真でみたかんじだと、同じように強烈な赤紫色でしたが、以外とこちらも美味しいのかも。興味ある方ぜひぜひポンフーまでサボテン三昧しに行ってみてください。

こちらの記事もチェック!


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

愛玩客で台中ドキドキの初体験  その1〜どこか懐かしいおじいちゃんの味の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2018/10/11

台湾中秋節でバーベキュー大会 〜台風にも負けず道端に人が大にぎわいの巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/27

台湾ならではの「赤ちゃん風習」 〜1ヶ月記念日に届いた美味しい贈り物の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/20