ぺこの具体的すぎる“私服テーマ”に見る、豊富なインプットと自己プロデュース力の高さ

By: モデルプレス(ニュース) | Posted on: 2016-07-20 22:38:12 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

この日のテーマは「夏休みに夏期講習に学校へ行ってる、こう見えておとなしめの女の子」/ぺこInstagramより

【ぺこ/モデルプレス=7月20日】りゅうちぇるの恋人として知られる“ぺこちゃん”ことオクヒラテツコは、バラエティ番組でブレイクする以前から原宿系の読者モデルとして同世代から熱い人気を誇り、彼女のセンスを支持するファンには“ぺこガール”という名称がつくほど。自身の名前を冠した「PECO CLUB」というブランドも立ち上げた。日々更新するInstagramやTwitterでは私服コーディネートを公開。ただ写真やブランドを紹介するだけでなく、それぞれのコーディネートに対して具体的かつ凝った“テーマ”を設けている点に彼女のこだわりが表れている。

【さらに写真を見る】ぺこ、-10kgのビフォーアフターに反響 りゅうちぇるも感激の変貌

◆インスピレーション源はアメリカ映画のスクールガール

ぺこのファッションは一貫して80's~90'sのアメリカ映画に登場するスクールガールからインスピレーションを受けたカラフル&ポップな着こなし。SNSにコーディネートを掲載する際には、写真と共にその日ごとの“テーマ”を発表している。

例えば20日付の私服は、爽やかなミントグリーンのポロシャツにストライプ柄のミニワンピース、足元はハイソックスにスニーカーというスタイリングで「“ワゴンのアイスクリーム屋さんで働いてるの”がテーマの日」。グリーンのノースリーブトップスにドット柄のショートパンツ(14日付)には「夏休みに夏期講習に学校へ行ってる、こう見えておとなしめの女の子」、全身パープルで揃えた日(7日付)は「学校帰りに、プールサイドにある売店のバイトにむかうBeverly Hillsに住む女の子」というテーマがそれぞれ添えられている。

ほかにも、

・とある8月 学校ではランチに木の下に座ってサンドウィッチを食べる、カリフォルニアに引っ越してきた子

・「学校めんどくさいけどナイスガイいるし帰り道ショッピングモール寄って帰るしそれをたのしみに今日もがんばろう」って思ってる子

・なかよしガールズのうちの1人がすきな男の子にアピールするのを協力して応援してるけど、自分のすきな男の子にはなかなかアピールできないちょっとツンデレな90s’の女の子

など、いずれも“女の子”の設定やシチュエーションが具体的で「なんとなくわかる」と頷けると共に、コーディネートへの愛着がわいてくる。このテーマをファンも楽しみにしている様子で、コメント欄には「テーマが毎回面白くて可愛い」「なんかイメージできちゃうところがすごい」などの反応。

何よりもぺこ自身がファッションを楽しんでいることが伝わるが、この発想は日頃のインプットが多い証拠。ブログでは映画『クルーレス』(1995)、『クライ・ベイビー』(1990)、『25年目のキス』(1999)、『愛しのアクアマリン』(2006)、『グリース』(1978)などをお気に入り作品として紹介している。

“自分の好きなものを突き詰める”ことは基本だが、それを自分のスタイルとしてアレンジして発信し、周囲を楽しませるところまで極めることのできる人は少ない。今はバラエティの露出で“りゅうちぇるの彼女”というイメージが先行しがちだが、この高い自己プロデュース力さえあれば、たとえ発信の形が変わったとしてもファンが離れていくことはないだろう。(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
ぺこ、-10kgのビフォーアフターに反響 りゅうちぇるも感激の変貌
池田エライザ&ぺこ&朝比奈彩ら…葛藤、成長、愛に“日本のアリス”たちが共感
ぺこ&りゅうちぇる監修のカフェが原宿に限定オープン
ぺこ&りゅうちぇる「神戸コレクション2016 A/W」参戦決定

このエントリーをはてなブックマークに追加